ガス自由化による業者選定|東京千葉のオススメ会社 ~エッコガス~

トップ > ガス自由化の豆知識 > 電気に続いてガスも業者を選ぶことが出来る

電気に続いてガスも業者を選ぶことが出来る

 生活をするとき、生活のためのインフラの契約をする必要があります。水道は市区町村などが運営している設備を使います。民間業者が運営しているわけではありません。
 電気は電力会社、ガスはガス会社でともに民間業者が運営しています。ただ、どちらも設備が必要なこともあり、これまでは地域によって利用できる業者が決まっていました。
 電気に関してはすでに自由化が始まっていて、いろいろな業者が提供するサービスを選択できるようになっています。


 こちらのサイトは、ガス自由化のことを比較することが出来る情報が提供されています。2017年の初頭では始まっていませんが、間もなくガスも電気同様に業者を選べるようになります。選べるようになるとどうなるかは多くの人が疑問に持つでしょう。
 今はガス会社の設備を利用してガスの提供を受けています。選べるようになったとき、新たに別の会社の設備を用意しないといけないのか、これまで使っていた設備は撤去しないといけないのかなどの疑問が残ります。
 実際の所、自由化によって新たな会社と契約をしても、その会社のガス管を設置する必要はありません。ですから、これまでの設備を撤去する必要もありません。これまで通り旧来のガス会社の設備を使用します。では送られてくるガスが新たな契約をしたガス会社から提供されるかですが、名目上はそうなります。
 ただ、実際はこれまでと同様のガスが送られてくるでしょう。利用者にとって、ガスの利用に関しては特に変化が発生することはありません。


 大きく変わるのは契約内容です。
 これまでは一つのガス会社としか契約ができませんでした。ガス会社も必ず契約をしてもらえるので、それほどメニューなどを用意していませんでした。
 自由化になると、いろいろな会社がいろいろなサービスや料金体系の提案をしてきます。各家庭で得なプランを選ぶことで、より安くガスが利用できるようになります。電力会社がガスを提供するといわれていて、電力とガスの両方を利用すると割引が受けられるなどがあるかもしれません。
 自由化によって、大手会社がガス事業を開始することもあれば、あまり知らない会社が参入することもあります。顧客を得たいために割安な価格を提供してくれるのは良いですが、
 その結果として倒産したり撤退してしまう可能性があります。するとガスがストップするのではないかとの不安が出てきます。その時は、一旦従来その地域でガスを供給していた会社との契約になり、ガスはそのまま受けられます。その後に他社に変更することが出来ます。

ページトップへ