ガス自由化による業者選定|東京千葉のオススメ会社 ~エッコガス~

トップ > ガス自由化の豆知識 > 家庭用電力小売りに続いて始まるガス自由化への期待

家庭用電力小売りに続いて始まるガス自由化への期待

 国内に殆どエネルギー源となる化石燃料賦存量がないので、経済成長になくてはならない石油、天然ガスを主に地政学的リスクの多い中東湾岸諸国からの輸入に依存し、国民生活が右往左往する経験を何度も味わってきましたが、昨年4月の家庭向け電力小売り自由化に続いていよいよ、今年の4月から都市ガス自由化も始まります。
 都市ガス事業はこれまで殆ど関東、関西、中部および北九州の各地域で営業している大手4ガス会社の地域独占体制が続いてきました。産業用としては以前から都市ガスの原料となるLNGを電力会社が発電用に利用したり、鉄鋼、化学メーカー等、エネルギー多消費産業が自家燃料用や自家発電用で利用しています。
 従って、予想されたこととはいえ、都市ガス自由化に合わせて昨年から様々な業種の企業の参入予定が報道されている通り、都市ガス販売事業に参入可能な企業数は多数に上っています。


 これだけの企業が参入してくればガス販売に各社独自の様々なサービスをつけて顧客獲得競争が激しくなり、ガス料金は嫌がおうにも値下がりすることが決定的だと言われています。
 なお、都市ガス自由化が始まると消費者が都市ガス販売会社を自由に選ぶことができることになりますが、販売会社は託送料金をガス管所有企業に支払うことで従来と変わらない配管を利用するのでハード面が変わるわけではありません。
 但し、LNGの調達は電力会社、ガス会社、石油元売り企業と大手商社に占められていますが、今日までLNG購入価格が基本的に原油価格連動型となっているため、LNGは国際的な戦略物質としての原油動向に翻弄されてきました。
 従って、国を挙げた努力にもかかわらず必ずしも安定した量を安定した価格で長期的に輸入できていなかったため、中東地域で色々な問題が勃発する度に我々の日常生活にも多大な影響が表れてきたわけです。


 ところが、半年前に大西洋と太平洋をつなぐパナマ運河の大規模拡張工事が完成して、アメリカ産のシェールガスを液化したLNGが大型船で中東航路より短期間で輸入可能となりました。
 今までは中東産ガス国の言いなりになっていましたが、アメリカ産LNGの輸入が可能になって輸入ルートの選択肢が広がり、LNGの輸入価格の引き下げ交渉のできる余地がでてきました。
 その結果、LNGの輸入価格が今後、安くなることで都市ガス販売会社の原料調達にも良い影響が出てくると期待されています。
 このため、最終消費者である国民にはガス自由化によるガス販売会社の競争効果と併せてパナマ運河開通効果によりガス料金低下が期待されるはずです。

次の記事へ

ページトップへ