ガス自由化による業者選定|東京千葉のオススメ会社 ~エッコガス~

トップ > ガス自由化の豆知識 > ガス自由化を積極的に利用すべきです

ガス自由化を積極的に利用すべきです

これまでガスというのは、電気と同じようにその地域を管轄するガス会社としか契約できませんでした。
つまり消費者に、選択の余地はありませんでした。
しかし一般的な商品やサービスは消費者が自由に選べるのが普通であり、ガスも消費者がガス会社を自由に選べるにするのがベストです。
それでこの度、やっとガス会社を消費者が自由に選べるガス自由化が始まりました。
先に始まった電力自由化は、電力会社を消費者が自由に選べるようになったにも関わらず、電力会社を変えた消費者は極わずかです。
このガス自由化はまだ始まったばかりですが、電力自由化と同じように、ガス会社を変える人はあまりいないようです。
このままでは何のために自由化が始まったのか分かりませんから、面倒がらずにきちんとガス会社を精査して、自分に合ったガス会社に変えて行くべきです。



電気に続いて始まったガス自由化のしくみ

日本のエネルギー改革として2016年には電気の自由化が始まりました。
それに続いて2017年4月からはガス自由化が始まっています。
このガスは都市ガスに限られており、プロパンガスなどは対象ではありません。
都市ガスはガス管を通して各家庭にガスを届ける仕組みです。
自由化が始まるまでの長い期間、ガス会社はそれぞれの地域で独占供給を行ってきました。
今年始まったガス自由化とは、新しく参入したガス会社がこのガス管を使用できるようになるということです。
そのため、様々な企業が都市ガスに参入してきています。
電気とセットにした料金設定などを提示している電力会社もあります。
光熱費は毎日を暮らすうえで必ず必要となる経費です。
ですから、可能な限り節約したいという人は多いので、各自家庭の光熱費の使用状況を考えながら検討する必要があるでしょう。



ガス自由化で気になる品質と安全性

電力の自由化に次いでいよいよガスの自由化も始まりました。
今までは固定された都市ガス会社を使うしかありませんでしたが、自由化により自身で選んで好きな会社を選択することが出来ます。
当然、参入会社が増えると価格競争が産まれるので、ガス会社の乗り換えには値段が大きな要素となるかもしれません。
ガスと言えば使い方を一歩間違えると爆発などの危険をもたらすこともありますが、ガスが小売り化されても安全に使用できるよう、ガス漏れなどの緊急時は今まで通り都市ガスの導管会社が行うので安心して使用することができます。
とはいえ、目先の価格だけで選ぶのではなく、小売りしているガス会社自体が行っている安全対策を確認するのも大事かもしれません。
また、ガス自由化によって品質の悪いガスが売られたりするのではないかと言う不安を持つ方もいるかもしれませんが、ガス事業法という法律によって規制されているので、今までと変わりのない品質のガスを使うことが出来ます。

次の記事へ

ページトップへ