ガス自由化による業者選定|東京千葉のオススメ会社 ~エッコガス~

トップ > ガス自由化の豆知識 > ガス自由化の概要と目的

ガス自由化の概要と目的

 都市ガスは、既に工場向けなどで自由化がされていますが、今年の4月からは家庭向け都市ガスの自由化が始まります。先行して実施された電気の自由化と同様に、これまで地域によって決められていた都市ガス会社だけでなく、他のガス会社を選択して契約することができるようになります。
 これにより地域独占電力が既存の電線を使っているのと同様に、既存の都市ガス会社も新規参入のガス会社も、現在のガス管を利用して、ガスの供給することになります。すべてのガス会社が共同で、ガス管の管理を行うことになりますので、安全性も担保されます。
 また、契約したガス会社が都市ガス事業から撤退したとしても、地域のガス会社がカバーしますので、ガス供給に支障を来すことはありません。


 ガス自由化の目的は、料金やサービス内容などによって、消費者が自由にガス会社を選択できるようにすることで、規制緩和に伴うもので、まだまだ高いガス料金の引き下げを図ることを目的とします。
 一気に全面的に自由化することに伴う混乱を回避するため、最初は工場、次に家庭用と段階的に自由化の対象を拡げていくことで、全面自由化が実現します。
 ただ、都市ガスのガス管が来ていない地域、例えば地方などでは、その恩恵を享受できない可能性もあります。また、新規参入を考える場合も、需要がある都市圏をターゲットにしますので、ガスのパイプラインの整備などインフラ整備も必要です。
 加えて、プロパンガスなどを使っている地域は、都市ガスよりも料金が割高ですので、価格格差が拡大する可能性もあります。このため、自由化のメリットが行き渡るには時間がかかる可能性もあります。


 ガス自由化の最大のメリットと目的は、ガス料金の引き下げです。
 都市ガスの全面自由化によって、ガス販売ビジネスに新規に参入する会社が出てくれば、ガス市場において競争が生まれます。
 これにより、ガス料金の抑制とサービスのさらなる向上が期待できます。ポイント制、定額制、各種サービスとのセット販売など、それぞれのガス会社が提供する多種多様なサービスを比較して、家庭のライフスタイルや家計の状況に応じたサービスを選択することができるようになります。
 まったく異なる業種からの参入や、都市ガス会社が他の領域に事業を拡大するなど、新たなイノベーションを生み出し、需要を喚起することによって、経済を活性化させる可能性があります。いろいろと問題点はあるかもしれませんが、享受できるメリットが多く、経済効果が期待できます。

次の記事へ

ページトップへ