ガス自由化による業者選定|東京千葉のオススメ会社 ~エッコガス~

トップ > ガス自由化の豆知識 > ガス自由化により料金や会社を選べるようになる

ガス自由化により料金や会社を選べるようになる

ガス自由化とは簡単に言えばガス会社を各家庭で自由に選べることを意味します。
これまでのガスは自分の住んでいる地域に合わせてガス会社との契約を行っていました。
ガスの供給にかかるコストにガス会社の利益を上乗せしたのが従来の料金でした。
他会社と競争することなく独占で事業を行えるので、コストは利用者が負担するしかなくガス代が高いままのなのが現状でした。
ですがガス自由化に伴い、ガス会社も料金設定を高くしたまま提供するわけにはいきません。
各会社がコスト削減に取り組むことでこれまでにない値下げが実現できます。
また、現在プロパンガスを使っている家庭も安い都市ガスが使える時代が来るかもしれません。
都市ガスの普及率は現段階では約50%となりますが、最近は各地でガス管の整備が進められています。
ガス自由化はこれからどんどん広まっていく可能性が高いでしょう。



ガス自由化の概要と注意しておきたいこと

電力自由化だけではなくガス自由化というものもありますが、これは都市ガスにおける小売の自由化を指しています。
ただ、自由化自体はそれ以前から始まっていて、2017年の4月になってその対象が一般家庭などに広がるようになりました。
開始されることでガスに携わる電力会社も出現するようになったとされています。
これによってもたらされるメリットの一つにガスを供給してくれる企業を自由に選択することが可能であることが挙げられます。
ただし、会社を選ぶ際に注意することがあり、今利用しているガス会社のプランをチェックすることもそれに当てはまります。
住んでいるところにより選択することができるガス会社が違っていることも理解するようにします。
お得だと思うことができる会社を選ぶことが可能なようにきちんと調べることは重要だと思われます。



都市ガス自由化に関するメリット

都市ガス自由化によってガス料金が安くなり、これまでのガス料金については、かかっているコストを積み上げた上で、更にガス会社による利益を上乗せした上で決定していました。
そして、料金決定に関しては経産省による認可が必要ではあります。
しかし、かかっているコストに関しては、ほとんどその状態で顧客に転嫁することができるとなればコストを下げていく努力が本気で行われているのかが怪しいところでしょう。
つまり、自由化後には料金が高ければ、顧客に逃げられてしまいますので、無駄なコストについては掛けられなくなるでしょう。
したがって、ガス会社が本気でコスト低減に取り組んでいくことによって、ガス料金の値下げを期待することができるというわけになります。
また、より多くの家庭において、安価な都市ガスを使えるようになるかもしれないでしょう。

次の記事へ

ページトップへ