ガス自由化による業者選定|東京千葉のオススメ会社 ~エッコガス~

トップ > ガス自由化の豆知識 > ガス自由化でガス業界は競争が激化しそうです

ガス自由化でガス業界は競争が激化しそうです

 電気と並んでガスと言うのは、台所での調理やお風呂を沸かす場合に欠かせない存在となっています。このガスを使うには、ガス会社と契約をしなければなりません。これまでは自分が住んでいる地域を管轄してしているガス会社としか、契約が出来ませんでした。ですがこの度ガス自由化が解禁となり、どのガス会社とも自由に契約が出来るようになりました。
 これによって私たちは、自分の好きなガス会社と契約が出来るようになりました。ガス自由化が解禁となってからは、ガス会社以外が参入するようになります。たとえばこれまでライバル関係にあった電力会社が、ガスを小売りするようになります。これまでガス会社間でも競争が激しかったのですが、これからはガス会社間のみならず、他の会社とも競争をする事になり、ガス業界の競争はますます激しさを増していきそうです。


 ガス自由化で固有のガス会社以外を利用

 電気やガスといいますと、地域によって提供会社が決まっていました。プロパンガスの場合は業者を選ぶことができたものの、ガス管を通して供給を受ける都市ガスに関してはいろいろな業者を選べるわけではありませんでした。結構業者により価格差があるのが現実の問題でした。ガス自由化は、電力自由化同様にガス会社の選択ができる仕組みです。各地域ごとに1社ではなく、数社が提供することになり、その中から選ぶことができます。
 それまで利用していた会社を選ぶこともできますし、別の会社に変更することもできます。別の会社に変更するメリットとしては、何といっても料金が安くなることでしょう。ただし、必ず安くなるわけではありません。また、資源を使うので、将来的な価格もわかりません。うまく選んでいかないと、割高になることもあるので、注意しながら選ぶようにしましょう。


 ガス自由化でなぜ電力会社がガスの提供ができるか

 ガスの種類として、天然ガスとLPG、つまりプロパンガスがあります。どちらもガスですが性質が全く異なるので、使う器具も全く異なります。天然ガスの中でも種類があるため、それに合った器具を使わないといけないとされています。ガス自由化になりいろいろな会社が参入するようです。その中でも大手会社として電力会社があります。電力自由化の時はガス会社の参入がありました。
 元々電気の供給をしていたことから、それなりに技術はあるのでしょう。電力会社はガス供給の能力があるかです。電力会社は、発電のためにガスを直接輸入しています。ガス会社から購入しているわけではありません。また、発電用以外にガスを業者に提供している実績もあります。そのため、電力会社もそれなりにガスの供給力があるといえそうです。ただし、料金設定がどうなるかはこれからになるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ